雛人形|ひな人形

雛人形|ひな人形

ひな人形作家紹介
「頭飾」

川瀬 猪山

初代、二代を経て、現在は橋本寿美子師で三代目その功労には、日本万国博の亨保雛製作、昭和40年、京都府の産業功労者授与。昭和53年「現代の名工」として京都人形初の労働大臣表彰を受賞。

平成3年、三代目としては、京都府伝統優秀技術者受賞など無形文化財的存在として活躍。三代目の手になる雛頭は、平安雛幸の雛にその姿を見る。

川瀬 健山

昭和13年京都生まれ。昭和30年17歳で初代猪山師に弟子入り。

初代は健山師の祖父で当時82歳。父は初代の四男であったが伯父が継いだので、健山師は二代目の分派となる。

土台から仕上げまで全部手作りで、細部にわたる仕上げまでに70余りの工程を必要とする。

健山師の作家生涯は、近年平成6年9月に閉じてしまったため、その手になる独特の作品は再び製作されることはない。その為、健山師の手になる雛頭は現在価値が高まっている。現在伝承として子息が後、新作を手掛けている。

聖 山

四方筆樹、昭和18年11月6日京都生まれ。

21歳にて人形師の道に入り、桜井喜二郎先生に師事。

昭和63年、工芸産業技術コンクールに入選。日本伝統展をはじめ、数々に出品、入選を果たしている。

熊倉 基安

昭和13年栃木県都留郡西方村に生まれる。

昭和29年故安生仁一氏に師事し、単身にて岩櫻に上京。昭和33年、19歳の若さで独立。京風と関東風を調和した独自の作風を確立し、ひな人形業界に大きな影響を与え、多大な評価を受ける。

昭和56年、有限会社熊倉人形店設立。

昭和58年第19回岩槻人形審査会において東京通産産業局長賞受賞。昭和59年第20回岩槻人形審査会において埼玉県工業技術研究所長賞受賞。昭和61年第22回岩槻人形審査会において埼玉県知事賞受賞。平成元年第25回岩槻人形審査会において埼玉県工業技術研究所長賞受賞。平成9年第27回岩槻人形審査会において文部大臣賞受賞。

日本人形作家連盟会長、岩槻人形協同組合頭部会会長、東京都雛人形工業組合など、その豊富な実績と経験を活かし多方面に貢献している。

大塚 玉映

昭和18年埼玉県岩槻市生まれ。昭和35年、頭師の第一人者であった父、大塚喜一に師事、修行を始める。

昭和63年、皇太子妃殿下(現皇后陛下)清子内親王殿下に人形製作のご見学を賜る。平成10年に、「東玉 匠頭」を発表し、好評を博す。平成13年、伝統の桐塑頭(とうそかしら)を復活製作し、話題となる。

母が子を思うように、小さなお人形が末永く可愛がって下さる方のお側にありますようにと願いつつ、心を込めて製作を続けている。

松口 一榮

昭和15年埼玉県岩槻市生まれ。昭和29年、父、甚五郎に師事、修行を始める。昭和31年、彫刻家、中野四郎の門下生となる。

昭和35年、県展初入選、創型会初入選、以後連続入選。昭和56年、新翔会設立に参加。平成4年、埼玉県優秀技能保持者として知事表彰を受ける。

平成9年、伝統工芸士に認定される。その他、日本美術家連盟会員、埼玉県美術家教会会員、創型会同人。

ひな人形作家紹介
「衣装着」

平安 雛幸 五世

安政2年(1855)初代平安雛幸、京都にて人形作りを始めて以来、二世作品は宮内庁より御買上、三世は有職雛人形の技法継承の功績を認められ、黄綬褒章を授かり、四世は通産省より、伝統工芸士として認定を受ける。

現在、五世雛幸は平成十一年に父四世雛幸に人形作りを師事し、数多くの創作雛を手掛ける。

平安 光義

光義は十七代光照に師事、技を認められ昭和29年、数多くの門弟の中から唯ひとり師より平安光義の号を受け京人形の伝承を継承し、現在は実子、二代目、光義として、伝承を生かした新しい雛を制作している。

平成元年、京人形「伝統工芸士」に認定される。

大橋 弌峰

大正元年生まれ。

昭和初年以来雛づくりに専念。京都作家を代表する一人として名作を生み、京都府伝統産業優秀技術者賞も贈られている。

頭師川瀬猪山(かわせちょざん)との合作の雛人形は、完成された美しさがある。平成元年、京人形「伝統工芸士」に認定される。

京洛 紫雲

昭和28年、京都市生まれ。

人形作りに携わる環境に生まれたことで、幼い頃より雛人形に慣れ親しんでいた。

昭和53年より、(有)ほりせいにて本格的に人形製作の道へ。古都の色や形に強いこだわりを見せるその作品には、京びなならではの趣があり、京に住む職人達が作り上げ、伝え残してきた人形の中にある完成度の高さを、常に追求する姿勢が感じられる。

時代裂(古い着物や帯を再現し、作られた素材)を用い、そこに独特の発想を取り込んでいくその作風は、人形が単なる色合わせによるものではなく、時代に裏付けされた深い味わいを醸し出すものであることを表現。現在は、京都市北区に工房を構え創作活動を続ける。

平安 寿峰

昭和11年1月1日京都・島原に生まれる。「

「頭、髪付、図案、色彩彩色、着付などを一貫作業にて製造。細かい所に気をくばる職人気質が生きづく雛作家。

日本画、洋画をれぞれ師事し、その後、人形作りの世界へ。「人をアッ!と言わせる」の信条の元、ひな人形の衣装に始めて「金彩」を取り入れる。その後、「刺繍」を施した衣装を初めて発表したり、「帯地」を衣装にしたものを発表する。

昭和60年、ご皇室高円宮家に雛人形をお納めする。平成7年、イタリア・ミラノ市に寄贈した「立雛一対」が同市にて行われた「ドールフェスティバル」にて入選。

平成8年、昔の資料に眠っていた「御花車」を二基再現。京都府知事公室と京都文化博物館に資料として寄贈する。日本人形協会会員。各種メディアにも多数取り上げられている。

小西 清甫

父である先代清甫に師事し、40年余年、ひな人形作り一筋に従事、初代の技を見事に受け継ぐ。「曲水の宴」「大名行列」「おぼこ雛」などの創作人形へ製作を手掛け、京人形の伝統美を現代に伝える重要な人物。

伝統的工芸品産業振興協会認定 伝統工芸士。日本ひな人形協会認定 伝統工芸士。

三宅 玄祥

昭和16年生まれ。

先代安藤桂甫に昭和32年から10年間師事し、43年に独立現在にいたる。基本にていねいにつくり上げる職人気質のために製作数が少ない。

平成元年、京人形「伝統工芸士」に認定される。

井上 雅風

1947年京都に生まれる。

1966年初代雅楓にひな人形着付師として修行。

1974年~91年京都府主催伝統工芸技術コンクール展多数入選、平成元年通商産業大臣認定 京人形「伝統工芸士」。

平安 桂甫

大正13年生まれ。

先代桂甫の一人っ子として雛人形の中で生まれ育つ。戦後父に師事しひな人形の道に入り、伝統の技と作風を受継ぎ、人形製作一筋に生きる。

昭和42年2月紺綬褒章を受賞。平成13年11月、厚生労働大臣より「現代の名工」として表彰される。

京都 桃玄

二代目平安武久の元で、以前より考えをあたためていた京人形づくりに取りくみ、甲冑師のほかに雛司としての名前を京都桃玄とした。

色彩、着付けをはじめ人形の細部に至るまで、いままでの雛をこえる京人形として注目を集めている。

二条 勝翠

昭和2年10月20日大阪市に生まれ、戦後母の二條人形研究所精進を重ね、26年に独立し以後、京人形・ひな人形の制作に取り掛かり伝統に基づいた形を独自の発想と現代の思考で新商品の作風を志している。

槇野 巧雲

昭和8年生まれ。

京都は左京区岡崎の平安神宮の地より発祥し、20才より京人形の創作に入る。

十三人製造を始め、独学による精進と、生来の手わざのよさで歴代の京人形を研究し後、三十数年間帯をたくみに使い、本式着付の内裏にいたるまで幅広く製造を手がけ今日に至る。

先年還暦を経て尚、独創の京人形司の職人気質で本質を更に追求する雛づくりとその手になる作品を生む。

大木 平蔵

大正2年生まれ。五代目に師事し、京雛作り一筋に50余年。現在京ひな人形界の第一人者と称されている。

ひな人形作家紹介
「木目込」

大木 平蔵

昭和23年9月東京生まれ。

昭和49年に伝統工芸士柿沼東光に師事し以来、江戸木目込み人形制作に専念。

華麗なる色彩による親王飾り、風俗人形などを発表。とりわけ、螺鈿の象嵌や色彩二衣重の木目込み人形など独自の技法を学び、技術向上に努めながら、常に”時代の今”を見つめ、斬新な作品作りに取り組むスタイルで新しい東光ブランドを築いている。

平成11年2月、通産大臣認定伝統工芸士。平成12年2月、東京都知事認定伝統工芸士。

受賞履歴(全国節句人形コンクール)

  • ☻ 文部大臣賞受賞 昭和60年(全国節句人形コンクール)
  • ☻ 内閣総理大臣賞受賞 昭和62年
  • ☻ 内閣総理大臣賞受賞 平成元年
  • ☻ 東京都知事賞受賞 平成3年
  • ☻ 内閣総理大臣賞受賞 平成4年
  • ☻ 通産大臣賞受賞 平成5年
  • ☻ 通産大臣賞受賞 平成7年
  • ☻ 文部大臣賞受賞 平成8年
  • ☻ 中小企業庁長官賞受賞 平成9年
  • ☻ 通産大臣賞受賞 平成10年
  • ☻ 文部大臣賞受賞 平成11年
  • ☻ 中小企業庁長官賞受賞 平成12年
  • ☻ 中小企業庁長官賞受賞 平成13年
  • ☻ 東京都知事賞受賞 平成14年
  • ☻ 東京都産業労働局長賞受賞 平成15年

原 孝洲

幼少の頃より、実父である初代の傍で人形師としての心がまえを学ぶ。

18歳より、初代から人形制作の手ほどきを受け、修業を重ねる。

昭和61年、初代が創りあげた人形づくりの奥義(昭和41年、文部省より無形文化財に指定される)を研鑽の末に修得し、二世の襲名を許される。

その後、創作人形の分野においても数々の独創的な作品を生み出し、意欲的な活動を展開している。

初代より学んだ作風に、現代の技術・技法や感性を巧みに取り入れ、丹念に真心を込めて作られた人形たちは、芸術品としての評価も高く、多くの人々に愛し続けられている。

金林 真多呂

昭和7年東京に生まれ、幼児より父初代 真多呂について人形制作を学ぶ。

先代の名人芸は現代感覚あふれる二代目金林真多呂に受け継がれ、ひな人形をはじめ浮世人形など数多くの作品を発表。

幼少より人形制作に親しみ、日本の伝統芸術に興味をもち、父先代真多呂について技術を学ぶ。彫塑やデッサンを学び、人形制作を総合芸術として高め、従来の人形師の枠を超えた近代性を備えた制作者として評価を得ている。

昭和53年通産大臣指定の伝統工芸士の認定を受ける 。

現在は、株式会社真多呂人形 代表取締役会長、真多呂人形学院長、社団法人日本人形協会 名誉顧問。

「日本節句人形コンクール」、「全国伝統的工芸品展」などでも数々の賞を受賞している。

松崎 幸一光

昭和28年、東京生まれ。

昭和46年、父 松崎幸雄(二代目 昭玉)に師事を受ける。

昭和51年、多摩美術大学 彫刻科卒業、(株)松崎人形に入社。昭和56年~平成14年、全国節句人形コンクールにおいて総理大臣賞2回、通産大臣賞3回、文部大臣賞4回、最優秀技能賞等を受賞。

昭和63年、京都府立文化博物館に平治物語絵巻の信西の巻を基に武者行列(間口6m、人形54体)を製作。

平成11年~14年、伝統工芸人形展に2回入選、日本伝統工芸展に2回入選を果たしている。

現在は、日本工芸会準会員。経済大臣指定 伝統工芸士。東京都知事指定 東京都伝統工芸士。

鈴木 賢一

江戸木目込人形作家の第一人者。

作品は皇室に献上されたこともあり、2004年には、埼玉県の無形文化財にも指定された。人形創作暦70余年は、一つ一つが「名人 賢一の技」。

昭和6年、御所人形の野口光彦に師事。

昭和28年、第5回現代人形美術展特選。

昭和31年、第12回日展入選。

昭和46年、第18回日本伝統工芸展入選。

昭和54年、伝統工芸士に認定される。

平成2年、勲6等瑞樹宝章授章。

平成5年、皇太子殿下ご成婚のお人形製作。天皇、皇后両陛下への献上品製作。

平成13年、人間国宝 小宮康孝染色江戸小紋をひな人形にとり入れる。

平成16年、無形文化財の認定を受ける。

木村 一秀

女流江戸木目込人形師の木村一秀さんは伝統手法を受け継ぎながらも現代感覚を調和させている人気の伝統工芸師。

女性ならではの繊細な色づかい 卓越した色彩感覚で素晴らしい作品を生み出している。

また長年の功績により通産大臣指定伝統工芸師にも認定されている女流作家の第一人者。

大里 彩

幼少のころ、人形工房が近所にあったこともあり、木目込人形は常に近しい存在であった。

年々春を重ねるごとに作られる人形を見るたび、自分の思いを人形に表現していくことに興味を抱き続けていた。

1978年より独学で人形制作を始め、1985年、人形工房松永に参加とともに本格的な人形制作の道に入る。

江戸時代より受け継がれた技術と伝統的な色彩に、独自の技法と、独自の色彩感覚を融合させたその作品は、女性らしい、やさしさ溢れる人形として注目を集めている。

ひな人形
  • お人形のメンテナンス
  • 工房のご紹介
  • お客様の声
  • お近くの店舗を探す声
お気軽にお問い合わせください

0267-62-3900

受付時間:平日10:00~18:00

PAGE TOP

人形工房サンキューではお手頃なひな人形をたくさん取り揃えて皆様のご注文をお待ちしております。

ひな人形のことなら人形工房サンキューへお任せください。

© 人形工房サンキュー All Rights Reserved.