雛人形|ひな人形

五月人形|端午の節句

端午の節句の「ならわし」と「しきたり」

五月人形の歴史

端午の節句

端午は月のはじめの午の日(午は五と同じ発音をするので)としていたが、五が重複する五月五日を「五午」「重五」と言って特に重んじたので、端午は五月五日に限られるようになりました。

五月五日を端午の節句として厄除けをしたという記録は、「続日本紀」の中に宮中行事として初めて登場します。

奈良時代の聖武天皇(733年頃)の時代にあたります。その頃はまだ、五月人形を飾る習慣はなく、邪気を払う為の、うまゆみ(流鏑馬)の儀式でした。これは、馬の上から弓を射る儀式です。

他にも菖蒲を飾ったり、皇族や臣下の者たちに薬草を配ったりしていたそうです。

端午の節句は子どもに限らず厄除けの大事な日だったのです。

五月五日に菖蒲湯をたてて入るのも、無病息災を念じたものです。

五月人形とのつながり

端午の節句

鎌倉時代の武家政治へと移り変わってゆくにつれ、武士の間では尚武(しょうぶ=武をたっとぶ)の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになりました。

やがて江戸時代に入ると、五月五日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、式服で江戸城に参り、将軍にお祝を奉じるようになりました。

また、将軍に男の子が産まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟を立てて祝いました。

このような時代の移り変わりの中で、薬草を摘んで邪気を払うという端午の行事が男の子の誕生の祝いへと結びついていったと考えられます。

やがてこの風習は、武士だけでなく広く一般の人々にまで広まっていきます。

はじめは、玄関前に幟や吹き流しを立てていたものが、やがて厚紙で作った兜や人形、また紙や布に描いた武者絵なども飾るようになっていったのです。

さらに江戸時代の中期には、武家の幟に対抗して、町人の間では鯉のぼりが飾られるようになりました。

贈答のしきたり〜母方の実家から孫へ〜

端午の節句

一般的には、端午の節句飾りは嫁いだ側の実家から贈られます。

最近では、旦那様方より外飾り、奥様方より内飾りを贈られたりと両家で費用を折半したりするケースが多くなりました。

ご親戚や、お仲人はケース入りのお人形などを贈るのもよいと思います。

飾る時期

端午の節句

ひな祭りが終わったら、早めに飾って下さい。

ぎりぎりになって慌ててお節句前夜に飾るのは「一夜飾り」と言って縁起が悪いとされますから控えましょう。

初節句の場合は早くから飾って頂いても構いません。

またしまう時期は、少なくとも五月中旬までの天気の良い日を選んでしまって下さい。天気の良い日にしまうことで、湿気をあまり含まずほこりをよく払ってしまうことができます。

次男、三男が産まれたら

端午の節句

お子様の成長と幸運を祈るお祝であり、五月人形は赤ちゃんの身替わりとなって厄を受けている事から、基本的に五月人形は一人一人のお守りなのです。

父親の五月人形を譲り受けたり、兄弟兼用にするのは、祓った自分の厄を人に押し付けるようなものですから本当はおかしなことなのです。

次男、三男の場合にもできれば兄弟平等の五月人形が好ましいですね。

五月人形は何歳まで飾る?

端午の節句

外飾りは初節句を迎えた歳から7歳過ぎまでは最低飾ります。

七五三にちなんで、この頃の経験は非常に豊かな感性を育てますし、良き思い出となるでしょう。

また、内飾りの場合はいくつになっても五月五日に飾ります。

特に思春期は恥ずかしいという人も居ると思いますが、甲冑などは繊細な作りをしていますし、平安末期のものを縮尺して八百年以上前の姿を再現して飾るわけですから、大人になればまた更に、良い歴史の勉強にもなり、「代の物」としての役割も果たすことでしょう。

お祝いを頂いたら

端午の節句

通常五月後日の当日、または前の晩、両家の両親やお祝を下さった方、普段親しくしている方を招きます。

出席なさらない方へのお祝返しの品は、黒豆の入った黄飯に柏餅、ちまきあるいは鯛の形をした角砂糖などが代表的です。

一週間以内に直接伺ってお礼を述べるのが礼儀ですが、最近では宅配でお返しをお送りする場合も多いようです。

その際は、赤ちゃんの写真とお礼状を添える事もお忘れなく。

お祝にお招きした方へのお返しは不要です。

お祝いのお料理

端午の節句

特別なお料理や豪華なお料理は必要ありません。心づくしの手料理とお菓子があれば十分です。

【いわれのある節句のお料理】

出世魚(いなだ→わらさ→ぶりなどが出世魚です)、鯉(元気な鯉のぼりにちなんで鯉の丸揚げも使われます)、筍(成長の早い筍は、どんどん伸びるということから男の子のお祝に使われます)、柏餅(柏餅に使われる葉の柏の木は、新芽が出ない限り古い葉が落ちないことから、家が絶えない、後継者が絶えることがない縁起のいい木として考えられました)、ちまき(楚の国の高名な詩人「屈原」が、陰謀の為国を追われ五月五日に川に身を投げました。

そのときたくさんのちまきを川に投げ入れ弔ったことが、端午の節句にちまきを食べる風習の起源といわれています。

ひな人形
  • お人形のメンテナンス
  • 工房のご紹介
  • お客様の声
  • お近くの店舗を探す声
お気軽にお問い合わせください

0267-62-3900

受付時間:平日10:00~18:00

PAGE TOP

人形工房サンキューではお手頃なひな人形をたくさん取り揃えて皆様のご注文をお待ちしております。

ひな人形のことなら人形工房サンキューへお任せください。

© 人形工房サンキュー All Rights Reserved.